子供にGPSは過保護すぎるか?

親であれば子どもの安全を最優先に考えて危険から守りたいものです。近年子供を狙った犯罪や不審者情報は後を絶たず、そのようなニュースを聞くたびに親は心配になり恐怖を覚えるものです。そのためある親はGPSを持たせる場合があります。しかし中には「GPSを持たせるのは行き過ぎではないか?」といった意見や「そこまですると過保護すぎるのでは?」という意見をする人もいます。

では、実際のところどうなのでしょうか?結論から申し上げますと、決して過保護すぎるとは言えません。なぜなら、ショッピングセンターで親が子供を一人からほんの数分目を離した間に連れさられ誘拐されるという事件は珍しくないからです。また、いつも安全で行き来している学校の通学路で誘拐されることもあります。こうしたことを考えるなら子供にGPSを持たせることは決して過保護なことではありません。

学校の中には小学校入学と同時にGPSのパンフレットの案内を配るところもありますし、先生たちが保護者にGPSを持たせることを進めることもあります。特に学校と自宅の距離が遠い場合や、電車やバスを使う場合には特に必要と言えるかもしれません。わが子を守ることが出来るのは親ですし、子供の命と安全を最優先に考えているのもやはり親です。何かあってからでは遅いですし取り返しがつかないケースも少なくありません。

ぜひ、親としてできることは何でも行って子供を危険から守りましょう。女の子の子供服のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする